人気ブログランキング |

忙しかった

うちの会社は日系なので、年度末が3月。もう、へとへとに疲れました。やっと、今日ひと段落ついたところで、ブログにも手がだせたところです。

なんといっても、私の上司Lさん(アメリカ人)はここ1,2年、持病のリュウマチがひどく、ほとんどオフィスにはすがたを見せません。それでも、これまでは、この年度末や毎月末の仕事はかろうじて、彼女がやってきたのですが、今年は、それもあやうく、あてにならなかったので、私がするはめに陥ったわけです。去年の11月かそのくらいから、彼女の仕事の大半を私がやりはじめて、もうそろそろ半年。ほぼ、ひとりで、二人分の仕事をしているので、かなりお疲れモード。

毎年この時期になると、”Review”といって、上司から去年1年の査定があります。査定の書類に今年1年私がやってきたことを評価され、それに基づいて、給与の上がり下がりがあり、もちろん、給料の交渉だってできます。普通に仕事をこなしているだけでは、給料交渉の際、私の武器がなくなるので、必ず毎年何か新しいことに挑戦して、「今年はこれだけのことを会社に貢献したのだよ」と訴えるものを準備します。Salesの人たちだと、今年どのくらいCustomer winをしたかということも査定になるのでしょうね。Salesの人たちは、コミッションもいいけど、これでCustomer winがなければ、即効首になります。去年も何人か首になった人がいました。それを見るたびに、アメリカっってやっぱり結果主義なのだと実感されます。

さて、私のReviewはというと、その上司のLさんがオフィスにでてこないために、まだ保留中なわけで、私としてはちといらいらしておりまして、今日、Lさんの上司に「私のReviewはだれが、いつ行うのでしょう」と尋ねてみました。だって、ほんとに去年は私とってもがんばったのですよ。積極性だって、確実に「Excellent」だとおもいますね。そう査定されなかったら、むかつくほど私はがんばったのさ。で、そのLさんの上司が、「Lさんより査定用紙はもらって、私のほうでも確認しているので、来週Lさんがこなければ、私がやります」といってくれたので、ほっとしています。

楽しみだな。
by kariforest | 2008-04-05 19:56 | 発育、健康