夫、救急車に乗る!

いやあ、まったくとんでもない一日でした。

昨日の夜、家の引越し日の件で、夫とけんかをしていたのです。ま、一言で言えば、義母さんが言った日に引越しをするような話でしたので、「また義母さんにコントロールされているな、君。」と私がいったわけです。夫は、義母さんの一言で二転三転と引越し日を変えるのです。

ま、それはともかく私はその件もあって、たいちゃんを寝かせつけ、ジュニアを寝かせつけ、そして自分もとっとと寝たのです。



ふと私の名前をよぶ よわよわしい声。それが夫と気づくまでどのくらいの時間だったのでしょうか。

最初は、「なんだ。だれか何か話してる?」と思ったら、今度は、

「あれ、だれか私を呼んでる?」

と。

「あ、夫だ。なんで?え?」

なぜだか、緊急だと直感。

がばっとベッドから起きて、リビングへ行くと、夫が倒れてる!けんかしている場合でない。

「どうしたの?!」

夫はたまに胸のあたりの痛みを訴えることがあるので、常備薬をもっています。まずはそれか?と思ったけど、夫が痛みを感じて手で押さえている場所は右腰のあたり。

「腎臓?」

義母さんが腎臓移植しているだけに、ただごとではない!と。

夫は痛み止めを取ってほしく、とりあえず手元にあったものを飲ませる。だけど、倒れこむほどの痛みにそんなちっぽけな(アメリカの薬なのでちっぽけなというか、でかいけど)ものが効くのか?という不安はあったのだが。

「救急車よんだほうがいいんじゃない?」
「もうちょっと待って」

ということで、1分ほど待ったけど、やっぱり痛みがすごそうなので、救急車を呼ぶことに。(このとき、救急車が有料だということが頭の中をよぎっていったの。。。ごめんね、夫くん)

アメリカにきてはじめての「911」ダイヤルでした。

1回の発信音だけで、即効電話をとってくれました。余談ですが、アメリカの会社やら役所やらの電話はほとんどが機械音声なので、すぐに人間が電話をとってくれたのは、とっても新鮮で、うれしかったです。。。


事情をさっと説明したら、夫君の状態を聞かれた後、住所と電話番号をきかれ、ペットがいるかどうかまできかれ、いたら外に出しておくようにいわれ、玄関の鍵をあけて待っておくようにいわれました。

5分ほどで救急車到着。こっちの救急車ただものでないくらい大きいです。3,4人の救急隊の人(なぜか全員白人)がきて、血圧測定、痛みのレベル、痛い部分を質問され、すぐに痛み止めの点滴を打たれ、酸素補給をされました。

「どこのERへいくのでしょうか?」と私。

「どこのがいい?」救急隊

「え?」

アメリカってそんなんなんだあ。と不思議な感じ。

「あ、じゃあ、ここへ」と一番近くのERを頼む。


「保険カードをください」と救急隊。

さすが、アメリカ。保険の有無を救急車でも確認するのかと。

義母、儀妹にも連絡しておいたので、彼女たちもやってくる。

義母さん、私にむかって
「寒いから、ずぼんをはかせなさい!早く!」という。

救急隊「寒いという感覚よりも、彼は今痛みのほうが激しいですから。ERについたらブランケットももらえますし、ズボンは必要ないです」

私「(心のなかで)ありがと、救急隊さん」

あとは、ストレッチャーにのせられて夫は連れて行かれました。

私は、赤ちゃんもジュニアもいるしということで、家で待機。義母さん、儀妹、自家用車でERへ向かう。


結果は、「腎臓結石」。石自体が大きくなかったので、手術にならず痛み止めだけで、3時間後かえってきました。夫の話によると救急車の中でモルヒネをうたれたそうです。モルヒネのあとは痛みがとれ、救急隊員から「腎臓結石は、男の出産。出産を経験しているようなもんです」といわれたそうです。でも、その救急隊員って男の人だったらしいけどね。


大事じゃなくて、ほんとよかったです。

健康ってほんと大切。

今日も、よい経験ができました。
[PR]
by kariforest | 2009-09-25 15:35 | 発育、健康